【嘘を見抜く秘訣】月星座による2021年の運勢【マドモアゼル愛】


月星座 2021年 運勢

2021年が始まって、もう1か月が終わろうとしていますね!

2月3日で氣・エネルギーが切り替わり、
3月の春分で2021年のエネルギーが本格的に始動していきます。

長らくマドモアゼル愛さんのYouTubeに関する記事をお休みしていましたが、
多くの方が気になる「2021年の運勢」に関するライブ配信がありましたので、
今回も要約記事を書かせていただきました。

ご自分の月星座だけでなく、
お勉強がてらに他の月星座のところもチェックしてはいかがでしょうか?

今回はメモ程度の感覚で、サラッと読めますので、
是非2021年の指針と、月の欠損を無効化する意識を掴む材料にしてくださいね!

あなたの生まれ月(ムーン星座)による2021年の運勢

マドモアゼル愛さんのYouTubeチャンネルより、動画を貼らせていただきました。

去年12月にこの動画のライブ配信が決まっていたので、首を長~くして待っていたのですが、YouTubeのリマインダー昨日で、放送日だということに気づきました。

風邪をひいているのですが、これは今日のうちに書かねば!と思い、まとめさせていただきました。

月星座で見る2021年の運勢

まずは、マドモアゼル愛さんが運勢を決めたポイントについてです。

2021年のメインアスペクト

1.木星と土星の業@水瓶座

=発展と制限が同時に行われる ➨秩序だった発展

*星座の相性により、このアスペクトの出方は異なる

・発展しそうなものが収束する

・収束しそうだったものが発展する

2.木星と天王星の90度

=計画なく物事が拡大する

➨ 通信関係、金融関係(牡牛座天王星)、

 インフレに関わる金融システムの限界、通貨制度の変化

3.火星と土星の合@水瓶座

= 戦争・金融崩壊のアスペクト

 

月という天体の働きと意味とは?

当サイトで、月の欠損に関する記事を読まれている方にとっては復習になるかと思いますが、何度となく読むことで、あなたの意識は太陽の方に向かいます

ですからご自分の口から自然に出るまで、読んでみるのもいいかもしれません。

月の働きと星座について

  • 月星座だけは外れない

  • 太陽は獲得していく部分が大きい

  • 月は「公平に無い」ものを表す

  • 月による幼少期7歳までの思い・世界観は欠損の反射のようなもの

  • 月は7歳までの世界観が固着し、こだわり続ける、一切成長しないもの、決して受け入れられないものを表す

  • 人が輪廻を繰り返すのは、月の働きによる

  • 火・地・風・水=起承転結

  1. 火(我)で事を起こし

  2. 地(物)で表現し

  3. 風(知性)で様々なケースに当てはめ

  4. 水(情)で物事を完成させる

 

火星座:自我の欠損、自我に弱点

自身に対する絶対的な自信・信頼が無い、起点となる情熱を持つことができない星座たち

 

牡羊座=常に自分という存在が分からない、常に自分自身に不安がある

:自己不信の気持ちが強く、自分から何かを始める・作る・動かすことができない

 

獅子座=人と大人の態度で接すること、責任を取ることができなくて、逃げたくなる

:自分の自我で他を支配するような、影響力を持つことができない

 

射手座=専門家になったり、高度な学問に精通することができない

:素晴らしい人間であることを表明し続けなければ、自我を保つことができないため、常に忙しく動き回る・立ち回る

 

地星座:物質の欠損、物質に弱点

目に見える、分かりやすいもので欠損が現れる星座たち

牡牛座=物(お金)が持てない、物(お金)が扱えない

:自分の手元に物質的な豊かさが残らない

 

乙女座=物を維持できない、物を扱えない、物を整えることができない

:綺麗さを保つことできず、物が本来持つ寿命を縮める傾向がある

山羊座=組織を持つことができない

:様々な要素が組み合わさり、全方位・同時進行で、それぞれの役割が果たされる構造が理解できない

風星座:知世的欠損、知性に弱点

知性にまつわる幻想を持っている星座たち

双子座=成長しない頭脳を持っている

:自分を賢いと思い込んでいる

 

天秤座=コミュニケーションが一方的で、相手との距離感を取ることができない

:話すだけ、聞くだけ

 

水瓶座=自身を天才・賢明だと思い込んでいる

:知性に関する自己欺瞞が強い

水星座:情緒に欠損がある

常に終えられない、意味を持たせることができない星座たち

 

蟹座=感じられない:子どもの敏感さ

:人が考えていることや場の雰囲気が分からない

 

蠍座=1つの深い感情が分からない

:常に深く考えることを真似をし、常に疑うも外れる

 

魚座=7際までの優しさはあるが、溶け合うこと・一体化ができない

:曖昧さという不安や恐怖がつきまとう

 

欠損を認め、実感することで、人は深い安心感を得る

 

月の欠損は、自分に無いものをあることを証明しようとさせ、心的失敗を繰り返させ、エネルギーを奪い、自信を奪っていく

 

月の引力は、幼少期に始まり、歳を重ね、意識が働かなくなった高齢期に、また引力を強め、人を捕まえ続ける

 

月の欠損は、見えない形で表れ、常に心的に苦しみを抱え続ける起点である

 

月は幻想であり、偽りであり、輪廻の罠であることを見破ることは、自分自身を否定するほどに抵抗を感じてしまうものである

 

意識を働かせ、行動することで変化を起こすだけでなく、幻想・偽りの意識から脱却する

 

月の悪い象意を気にし過ぎる必要はない

=月には物を起こすかす力はない

 

月の影響は、精神面に出ることから始め、それにつられて体調も損なうことで、活力の喪失に発展する

 

月のフィルターは、自由に存在していることを隠し、幻影に追い込む

 

月によって幻影に追い込まれないために、月の欠損としての象意を意識に上げることで、運勢を知ることが大事

月は個人に、どのような心的反応を示すのか?

  • 月が具体的に、物理的に変化を起こしたり、損害を被ることはなく、心的に圧力をかけることで、すべて失うような気持ちにさせて、実際にそのような方向に行く
  • 月は関心の方向性を表す星、自己防衛を起こす星
  • 月は「反復」をさせる星
  • 月は「変えさせない」星
  • 月(の欠損)から楽になることが大事

    :月が絡むことで、「できないこと」が「できるはず」と思い込んでしまい、思い悩むことを続けてしまう

  • 月は、本来持つ必要のない「負い目」を持たせ、夢幻のループに陥らせる
  • 月は劣等感や嘘を教え、自力でその嘘を見破り乗り越えることの重大さを教える星
  • 月は自分を太陽だと思わせる(騙す)

月の罠から逃れる方法

月は、「自分を苦しめるパターン・嘘であること」を知ることで、これまで繰り返してきたループを絶ち、変化を起こすことができる。

それは「無意識」にまで隠され、「真実」だと思いこまされたものが、実は自分には無い「欠損」であり、嘘であることを見破ること。

無いものを有る!という真実の崩壊は、確かに衝撃的ですが、月の魔力を打ち破り、本来の人生とあなたの繋がりを感じさせ、自分の人生を楽しめるようになります!

月にはパターン・ルール・プロセスがある!

天体と星座、天体とハウスの関係性で、月の欠損の影響の出方が分かります。

【月のパターン】

:事象として悪いことが起こるのではなく、マイナスの感情を増幅させ、自身が悪い方向性に走り、現実を破滅的にさせる

【月のルール・プロセス】

1.期待 ➨ 2.興奮 ➨ 失意

月の影響・パターンを乗り越えることで、ありのままの現実を受け入れる力を獲得することができる

 

それでは以下が、月星座による2021年の運勢の要約です。

12星座順・2021年の運勢

木星と土星は水瓶座で合(コンジャンクション)で同じハウスに滞在し、天王星は牡牛座に滞在します。

今回の2021年の運勢は、あなたの月星座とハウスの繋がりで占いますので、木星と土星が通過するハウスと、天王星が通過するハウスの2つのポイントで見ていくことになります。

月・牡羊座

月の欠損:月星座が牡羊座の場合、現実を起こす力が無い

 

1.土星・木星 @ 11室 = 夢・友人の部屋

・友人の影響が大きくなる、大きな夢を描く

 ↓

・心理的な失意に終わる

:友人知人の反応を誤解し、落ち込んでしまうことがあっても、それが嘘であると意識すれば、問題ではなくなる

 

2.天王星@2室=金銭・収入の部屋

・収入への期待が大きくなる

 ↓

・思わぬ結果になり、幻滅する

 

【月のルール・プロセス】

1.期待 ➨ 2.興奮 ➨ 失意

月の影響・パターンを乗り越えることで、ありのままの現実を受け入れる力を獲得することができる

 

月が牡羊座は、2室と11室のテーマで、月の嘘を見破り、失望しないことが大事

月・牡牛座

月・牡牛座は、物質やお金を持てない

1.木星と土星@10室=仕事の部屋

 

・仕事への期待大、夢の拡大を期待する

 ↓

・失望や落胆に終わる

 

:仕事面では、現実を見るまで喜ばないことが大事

:月のパターンを乗り越えることで、

これまでの仕事で繰り返した「はしゃぎパターン」で失敗しなくなる

 

2.天王星@1室=自分自身の部屋

 

・自分自身のイメージを改革したくなる

 ↓

・浮足立ち、自己嫌悪で終わる

:自分自身の心で生まれたことを絶対視せず、

 人から言われること(事実)を受け入れることが大事

 

【月のルール・プロセス】

1.期待 ➨ 2.興奮 ➨ 失意

月の影響・パターンを乗り越えることで、ありのままの現実を受け入れる力を獲得することができる

 

月・牡牛座は、1室と10室のテーマで、月の嘘や幻想を意識し、自分自身の表現と仕事の面で、自分の感情や気持ちでフラフラしないことが大事

月・双子座

月・双子座は、自分が賢いと思い込み、それを証明しようとする

1.木星・土星@9室(射手座のナチュラルハウス)=自己拡大の部屋


・自分を成長させたくなる

 ↓

・地に足がつかず、落ち込む

:したいと思ったことができればそれでよく、期待値を上げ過ぎない、欲求を叶えることができていることにOKを出せばいい。

2.天王星@12室=隠れた部屋

・(隠す必要はなかったものを) 隠していたことが見つけられる

 ↓

・恥ずかしさや落胆に至る

:あっけらかんとして、明らかになったことを認めればいい

 自分が隠さなければならないと思っているだけで、

 隠す必要がないことが往々としてあることを知ると、楽になる

 

【月のルール・プロセス】

1.期待 ➨ 2.興奮 ➨ 失意

月の影響・パターンを乗り越えることで、ありのままの現実を受け入れる力を獲得することができる


月・双子座は、9室と12室のテーマで、月の騙しを見破ることが大切

月・蟹座

月・蟹座は、情緒的な繋がりを理解しない

1.木星・土星@8室=性的なこと・神秘的なこと・配偶者の持ち物の部屋


・神秘的なこと、配偶者の所有物への期待

 ↓

・失望・失意に陥る

 

:自分自身で生きることの喜びを知り、何かや誰かに頼ることで幸せにならなければならない、という幻想を捨てることが大事。

 

2.天王星@11室=友人の部屋


・友人や友情への純粋な思い

 ↓

・失望や落胆に終わる

:自己保存・自己防衛で反応せず、相手を自分の幻想に取り込まないことが大事

 

【月のルール・プロセス】

1.期待 ➨ 2.興奮 ➨ 失意

月の影響・パターンを乗り越えることで、ありのままの現実を受け入れる力を獲得することができる

 

月・双子座は、8室と11室のテーマで、月の騙しを見破ることが大切

月・獅子座

月・獅子座は、自分自身に自信と信頼が持てない

1.木星・土星@7室=結婚や結婚相手の部屋


・結婚や結婚相手(妻・夫)への期待

 ↓

 失意や落胆に終わる

:期待したのは自分であって、相手には問題なく、何も変わっていないことを知り、月に騙されないで、パートナーとの関係性を再確認し、人生を再評価することが大事

 

2.天王星@10室=仕事の部屋


・独立、独り立ち、職業への思い

 ↓

・続かない

:続かないこと自体は問題なく、月による影響で、必要以上に期待を抱いたことで自己不信に陥ることが問題

 

【月のルール・プロセス】

1.期待 ➨ 2.興奮 ➨ 失意

月の影響・パターンを乗り越えることで、ありのままの現実を受け入れる力を獲得することができる


月・獅子座は、7室と10室のテーマで、月の欠損の影響を無効化することが大事

月・乙女座

月・乙女座は、物を維持・保管・整理することができない

1.木星・土星@6室=職場・健康の部屋

・職場・健康への期待通りの現実が得られず、諦める

:月の心理的に追い詰めるパターンを知り、期待を捨てることが大事

 

2.天王星@9室=専門知識、哲学の部屋

・専門知識や高度な学問を学びたい

 ↓

・中断しやすくなる、無理しやすい

:月に騙され、続けられないことに落胆しないことが大事

 

【月のルール・プロセス】

1.期待 ➨ 2.興奮 ➨ 失意

月の影響・パターンを乗り越えることで、ありのままの現実を受け入れる力を獲得することができる

月・乙女座は、6室と9室のテーマで、月の欠損の影響を無効化することが大事

月・天秤座

月・天秤座は、

1.木星・土星@5室=恋愛、楽しみ、子どもの部屋


・恋愛、楽しみ、子どもに期待する

 ↓

・失望・落胆に終わる

:失望を体験するだけに留め、失望癖やパターンにハマらないことが大事

 

2.天王星@8室=配偶者の金銭・所有物の部屋

・配偶者の金銭状況

 ↓

・波乱が起きる


:期待を持たず、配偶者と自分の金銭は別であることを認めることが大事

 

【月のルール・プロセス】

1.期待 ➨ 2.興奮 ➨ 失意

月の影響・パターンを乗り越えることで、ありのままの現実を受け入れる力を獲得することができる


月・天秤座は、5室と8室のテーマで月の欠損の影響を無効化することが大事

月・蠍座

月・蟹座は、1つのことに集中し、莫大なエネルギーを向けること、人と感情や情緒で繋がることができない

1.木星・土星@4室


・家庭・住居、それらの夢

 ↓

・失望に終わる

:月が加担することで、感情の高ぶりに翻弄されて、現実を過剰に問題視し、破滅的な心境に発展させてしまうため、上手く行かなかったことを認めることが大事。

2.天王星@7室=結婚、結婚相手


・結婚・配偶者への期待

 ↓

・思わぬ変化が起こる

:自分だけの過度の期待を持ち、相手に求めないことが大事

 

【月のルール・プロセス】

1.期待 ➨ 2.興奮 ➨ 失意

月の影響・パターンを乗り越えることで、ありのままの現実を受け入れる力を獲得することができる

 

月・蠍座は、4室と7室のテーマで月の欠損の影響を無効化することが大事

月・射手座

月・射手座は、専門知識を身につけること、哲学的なことを実践することができない、もしくは続かない

1.木星・土星@3室=旅行、勉強、兄弟姉妹への思いの部屋

 ↓

・上手くいかない

:やりたかった・面白そうだったという感情を無下にして、自己卑下に発展させないことが大事。

2.天王星@6室=健康・職場の部屋

 ↓

・裏目に出やすい

:思惑通りにいかないことは、「必要無かったこと」ということにして、早く忘れてしまう方が健康的。

【月のルール・プロセス】

1.期待 ➨ 2.興奮 ➨ 失意

月の影響・パターンを乗り越えることで、ありのままの現実を受け入れる力を獲得することができる

 

月・射手座座は、3室と6室のテーマで、月の欠損の影響を無効化することが大事

月・山羊座

月・山羊座は、組織作りや構造・システムに携わることができない

1.木星・土星@2室=収入・財政の部屋

 ↓

・夢と期待が落胆に終わる

:夢や期待は自分が発信源であることを認め、相手に求めないことが大事

2.天王星@5室=恋愛・ギャンブル・子ども・楽しみ

 ↓

・悲しみに終わる

:現実は思い通りにならないことが大半であることを認め、結果を結果として受け止め、感情を暴走させないことが大事

【月のルール・プロセス】

1.期待 ➨ 2.興奮 ➨ 失意

月の影響・パターンを乗り越えることで、ありのままの現実を受け入れる力を獲得することができる

 

月・山羊座は、2室と5室のテーマで、影響する月の欠損を無効化することが大事

月・水瓶座

月・水瓶座は、公平さや自由を感じられず、自身を天才であると思い込む

1.木星・土星@1室=自分自身

 ↓

・自分自身への期待やイメージが落胆に終わる

 

:負い目を感じなければならないのは、「月の影響」だと割り切ることが大事

2.天王星@4室=家庭・家族の部屋

 ↓

・家族・家庭への思いが失意に終わる


:家族・家庭に願望を向けるなら、自分から変わり、相手に求めないことが大事

 

【月のルール・プロセス】

1.期待 ➨ 2.興奮 ➨ 失意

月の影響・パターンを乗り越えることで、ありのままの現実を受け入れる力を獲得することができる

 

月・水瓶座は、1室と4室のテーマで、影響する月の欠損を無効化することが大事

月・魚座

月・魚座は、一体化や共感ができない

1.木星・土星@12室=秘密や隠れた楽しみの部屋

 ↓

・秘密や隠れた楽しみが悲しみの原因になる

:劣等感を刺激され、月の反復にハマらないことが大事

 

2.天王星@3室=学習・旅行の部屋

 ↓

学習・旅行の楽しみが、不満や失意に終わる

 

:予期せぬことを不幸と思いこまないことが大事

 

【月のルール・プロセス】

1.期待 ➨ 2.興奮 ➨ 失意

月の影響・パターンを乗り越えることで、ありのままの現実を受け入れる力を獲得することができる

 

月・魚座は、3室と12室のテーマで、影響する月の欠損を無効化することが大事

月の正体を知っていれば、現実が歪むことはない!

いやぁあっという間の2時間でした!

少し出遅れたので、途中まで2倍速で視聴していたのですが、去年からずっとマドモアゼル愛さんの月の欠損に触れていたので、理解が早くなった自分に気がつきました。

私は月・牡牛座なので、特に仕事やお金に関して、超自分本位な期待は持たないことを肝に銘じたいと思います!

動画の最後で語られた、マドモアゼル愛さんの言葉を要約させていただき、今回の記事を終わらせていただきます。

 

  • 【月による不幸】は隠そうとすることで感じる・深刻かした不幸であり、噛み締めることができない

  • 本当に、不幸というものはあるのか?と考えると、マイナスに考えること自体が、不自然であり、不必要な現実の捉え方かもしれない

  • 月の働きを知り、月の正体を見つけることで、生きることが楽になる

  • 月の課題に気づき、解決しなければ、人生の手応えが得られない

  • 月から自由になることは、この世の課題を卒業することである

  • 月の苦しみから自分を解放することで、「あるものが、ただ有り難くなる」ことを実感できるようになる
  • 月の道は、「存在するものは、ただ苦しくなる」

 

聖書

滅びに至る門は広く、その道を通る者は多い

永遠に至る道は遠く、その道を通るものは少ない

  • 月の道とは、広い門とその後に続く道である

  • 自分を見つめ、獲得する道が、太陽である

  • 月は太陽をマネする星で、太陽は月に真似されても気にしない
  • 月の欠損や欺瞞を知ることで、自分が持つ失敗のパターンが分かり、抜け出すことができ、人生が楽になる

  • 月の時代はもうすぐ終わりを告げようとしているが、多くの人が月の正体を知ることで、世界的に月の時代を終わらせることができる

  • 月を学び、月の支配から抜け出すことで、太陽の時代を自ら進んでいくことができる

私が占星術に興味を持ったのは、「人生なんてロクなもんじゃない」から、どうせなら少しでも苦難を避けたい、ということと、自分という存在の未知を知りたかったからでした。

私は占星術を独学で勉強したりしたのですが、「概念」や「知識」を知りたかったわけではなかったので、何度も放棄して、また初めての繰り返しだったんです。

その原因は、もしかしたら月の影響だったのかもしれません。

学んだところで、物質的な豊かさには繋がらない、という強迫観念。

この世に生まれて来て、月・牡牛座は、直接的で体感的な豊かさを奪われることで、他者や世界に与えようとする。

私が占星術を素直に受け入れられなかったのは、こういった事実が耐えられず、解き明かしたくなかったのかもしれません。

ですが自分で究明する前に、マドモアゼル愛さんが「自分の月との和解」に導いてくれました。

今回は今年の運勢を占うことに焦点が当たりましたが、全体的に月の正体や働きの理解に深まったのではないかと思います。

来月にはマドモアゼル愛さんの書籍が出版されるかもしれない!とのことなので、出版されたら、私はきっと買います!

 

今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました