【マドモアゼル愛】心理的母殺し#1|あなたが苦しい本当の理由とは


心理 母殺し 愛

あなたはもう ” 心理的母殺し ” を終えていますか?

こんな質問の仕方、今までされたことありませんよね … 。

要するに、あなたは本当に意味で母離れをし、精神的自立を達成していますか?ということなのですが、案外大人になっても ” 精神的なへその緒 ” が切れていない場合が多いのだそうです。

このサイトでは何度も登場していただいている ”マドモアゼル愛 ” さんの知識と知恵、そして解釈をお借りして、自分の人生をより善く生きるための助言を頂きたいと思います。

今回のテーマは ” 心理的母殺し ” であり、太陽の自分の獲得、自分の人生を生きるということ。
3回に分けてこのテーマについて一緒に考えていきましょう。

誰もが ” 母なる ” 存在を求め続けている

漫画やアニメ、映画でよく描写されるテーマとして、” 母なる ” 存在の根源的な ” 回帰 ” の欲求があります。

これは情熱や欲望といった、個人の志向の範疇ではなく、誰もが持つ全体性への衝動。

私たちは何度も ” 分離 ” の体験をしています。

第1に、宇宙創成・創造の際に起こった分離。
第2に、靈的存在から、物質的存在への転換の分離。
第3に、細胞の分裂と、出産における母胎との分離。

その後何度も出会いと別れ、現実と妄想・理想・想像の違いとの乖離など、私たちは絶え間なく分断や分離を経験しているんですね。

動物や昆虫を見ると、意識や感情に左右されないためか、プログラムや習性に支配され、自然界のシステムを見せてくれます。

何もロボットだけが、機能性や設定などを代表するわけではなく、あらゆるところに規則性や法則性が見受けられるんですね。

ですが私たち人間は、与えられた世界を単純に生きようとはしません。

複雑怪奇に、支配構造を作り、常に競い合いや争いにより、自分の取り分を獲得しようと必死なんですね。

もちろん食物連鎖としての争いは存在しますが、動物の世界と人間の世界の大きな違いは、同種族を支配し、滅ぼす点にあります。

少し前置きが長くなりましたが、私たちは無意識の領域に支配されながら生きているということを強調したかったんです。

私たちの人生には、あらゆる罠・仕掛けがあり、まるでオセロゲームのように、人生がひっくり返ることもあるでしょう。

少なくとも私たちはルールを知っていた方が、自分と世界の構造を知ることができ、いかに自分の人生を生きられるかのヒントになることは間違いありません。

今回から3度にわたって、根源的な衝動であり、自分の人生を生きるためには絶つしかない ” 母なる存在 ” について考察していきます。

” 心理的母殺し ” とは?

心理的母殺しとは、マドモアゼル愛さんが命名されたそうです。

いわゆる精神的な自立を表すのですが、私たちは思った以上に ” 母なる ” 存在から離れられないのだとか。

マドモアゼル愛さんと言えば、月が ” 欠損 ” であると提言した勇氣ある占星術家です。

月が表す欠損とは、自分自身にとっての欠損が、全体性のための ” 純粋なる願い ” であり、全体のための成就のために、月星座に秘められている力が与えられていると説明して下さっています。

私は占星術に関しては大変興味はありますが、学びを深めていくうちに、学術的な洗脳をされてしまうことを危惧していました。

ですからマドモアゼル愛さんのような、一見非常識的な主張をされる方に出会えたことで、占星術から真に得られる知識にまた向き合いたいと思えるようになったんですね。

今回の ” 心理的母殺し ” も、月が象徴する幻想としての ” 母性 ” にように、” 自分の人生を生きる ” ことを叶えるためには乗り越えるべきなのだと考えます。

まずはマドモアゼル愛さんの動画を視聴して頂いて、あなたの心と向き合って頂ければと思います。

マドモアゼル愛さんのYoutube公式チャンネルより、動画を貼り付けさせて頂きました。有難うございます!

心理的母殺し ① 要点のまとめ

  • 心理的母殺しとは、誰の心にでもある心の儀式
    心理的な決断・選択によって、心理的なへその緒が切れる
  • 母なる存在にいつまでも依存していれば、成長を妨げることになる
  • 心理的母殺しを終えていない人の心理状況とは
    ・日常生活で苦しみを覚えている
    ・母親との関係に依存関係がある
    ・自分の生き方を見出していない (=自立ができていない)
  • 政治家に見られる未熟さ = 常に母親に褒めてもらいたがる在り方の象徴
  • 子どもの頃、私たちは母の存在なしでは生きてはいけなかった
    ➡ 母の機嫌を損ねることを極端に恐れるようになり、依存心が育つ
  • 直接的・間接的にかかわらず、母の命令に今尚従わなくてはいけないと ” 思い込んで ” 生きていると、母親のコントロールの支配下で生き続けることになる
  • 本来誰もが、母を憎みたくないという心理を持っている
    自分の心の中にある、母に対する憎しみに氣づかないようにする理由は、母との関係性を崩さないように努めているからに他ならない
  • 母の中にも母殺しをさせない原因がある
    = 母本人も、自分の人生を生きられない葛藤がある
  • 子どもを通して、自分の存在を確認しなければならない心理状態にある時に子どもを操縦・コントロールしようとする
    ➡ この心理的な連鎖は野放しにしておく限り、無限に続き、お互いに心理的に縛り合うことになる
  • 人は常に生きている手ごたえを感じたいという欲求がある
  • 自分の中で心理的母殺しを達成できれば、母も解放させてあげられる
    ➡ 関係性における解放は、相互作用で相手にも影響を与えることになる
  • 密接に関係性を持っていた間柄に何らかの変化をもたらす時、自分自身の選択が、相手も自然に直面するようになる

以上が要チャックポイントです。

マドモアゼル愛さんが、動画内で話されていることのほとんどを書き起こすことになりました。

それだけ7分ちょっとの間で、深く濃い内容の話をしておられるということですね。

あなたも是非何度も視聴し、ご自分の中に氣づきという光を組み込まれてはいかがでしょうか?

本質的に生きるとは、本能から解放されることかもしれない

私たちは決して ” 本能 ” という機能・プログラムから自由になることはないでしょう。

もし私たちの肉体や心理から、自動化・無意識化の機能が外れてしまったら、私たちは昆虫のような動きしかできなくなるかもしれません。

それだけ私たちという存在には、大がかりで、精妙な造りの肉体と心理が必要だったということではないでしょうか?

しかしその反面、自動化・無意識化による反作用が起こることも事実。

今回は私たちの誰もが持つ、根源的な母なる存在との依存について、また真に自分の人生を生きることについて深く考えるに至りました。

心理的な解釈と状態は、確かに相手に影響を与え、関係性を変化させます。

むしろ変化し続けなければ、この世はアンバランスになってしまい、混沌の面ばかりが現実化していまいます。

ですから私たちは無意識の領域の中で、アプローチしやすい分野に取り組み、自分らしく生きる準備を整える必要があります。

誰もが心理学のプロフェッショナルになる必要はありませんが、誰もが自分の内面と向き合わなければならないことは確かです。

あまり難しく考えず、かと言って誰かに頼り過ぎるのも、また面倒くさいことになります。

そんな時にYoutubeやインターネットって本当に助かりますね。

字面的には ”心理的母殺し ” というインパクトがあり、一瞬のけ反ってしまいますが、変化には必ず痛みや裂け目といった動きが伴います。

そういった場合、私たちは自分自身で外科的手術を行い、その後の様子を観察していくことになるでしょう。

もっとも私たちが考えるべきことと言えば、” やらない後悔 ” を無くすこと。

これからもどんどん自分軸を整えるために、質の善い情報と知恵を受け止め、実践していきましょう!

今回も最後まで読んで頂きまして、本当に有難うございます。
それでは、【マドモアゼル愛】心理的母殺し#2でお会いしましょう!

ここでお知らせがあります。

私は情報発信を加速させ、1人でも波長の合う人と繋がるため、公式LINEを始めました!

占いだけでなく、真理探究、天然石、電話占い、自分軸で生きるための情報を発信していきますので、是非登録してください!

お得なプレゼントや、お役立ち情報をお届けしていきます。

どうぞ一ノ瀬 ユイをよろしくお願いいたします!

⇩一ノ瀬 ユイ・公式LINE⇩

友だち追加

あなたと繋がることを心よりお待ちしております!

一ノ瀬 ユイ

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました